薫の黒にんにく 鹿児島県産黒にんにく通販

 
鹿児島県産黒にんにくの通販

Q&A

「にんにくと黒にんにくの違いは?」
「体に良いとはよく耳にするけど、どう良いの?」など、
にんにくについての様々な疑問に答えます!!

白いにんにくと黒にんにくは何が違うの?

『色』『臭い』『栄養価』が違います。

『色』黒にんにくは畑から黒いにんにくが収穫出来るのではなく、一般に出まわっている白いにんにくを発酵熟成させる事で徐々に黒色へと変色していったにんにくです。

『臭い』にんにく臭の元となる成分、アリシンが発酵熟成させる事で激減し、にんにく特有の臭いがなくなります。次の日も気にならず、いつでも好きな時にエネルギーチャージ出来ます。

『栄養価』発酵熟成した黒にんにくは、ポリフェノール、S-アリルシステイン、アミノ酸が普通のにんにくに比べ数十倍アップし抗酸化力が高くなりました。

黒にんにくの味はどんな味?

甘くてドライフルーツの様だとよく言われます。

1日どのくらい食べたらいいの?

1日に1〜2粒をおススメします。野菜なので、沢山食べたらいけないという事はないのですが、個人差がありますが沢山食べ過ぎてお腹を下す方もいらっしゃいますのでご体調に合わせてお召し上がり下さい。

いつ食べたらいいの?

特に調理する必要もなく皮を剥いてそのまま食べられるので、どのタイミングでも大丈夫です。

黒にんにくは薬と一緒に飲んでも大丈夫?

黒にんにくは、にんにく以外の物は一切含まれていません。野菜と同じなので一緒にお召し上がり頂けます。体調やお薬によっては相性の良くない場合も考えられますので、気になる方は担当医師や薬剤師の方へご相談頂きますようお願い申し上げます。

胃腸が弱くても黒にんにくは負担になりませんか?

黒にんにくは、熱を加えることにより生にんにくでは得られない植物性乳酸菌が生まれます。植物性乳酸菌は腸まで生きて届き、善玉菌を増やして腸の機能を高める効果があります。その為、胃腸にとっても優しいので、果物のように皮をむいてそのままお召し上がり頂けます。生にんにくが苦手な方ほど黒にんにくをおススメします!

保存方法はどうしたらいいの?

常温保存できます。ただし、湿気と高温はカビの原因になるので、日の当たらない涼しい場所で保管して下さい。又、冷蔵庫で保管する場合パッケージから取り出し新聞紙や紙袋等にくるんで保管して頂く事をおススメします。パッケージに入れたままだと急な温度変化でパッケージ内の空気に含まれた湿気が結露し水滴になる事があります。結露はカビの原因になる事があるのでご注意下さい。

固さや水分量が微妙に違うのはなぜ?

食品添加物など一切使用していない、自然食品だからです。にんにくは一年に一度しか収穫出来ません。その為、収穫後はにんにく専用冷蔵庫にて保存して通年供給出来る様にしています。保管中にもにんにくは生きていますので水分量が、保管の期間や取り出した時の温度湿度により微妙に変わります。栄養成分に大幅な違いはないので、にんにくそのままの美味しさを安心してお召し上がり下さい。

にんにくの臭いを消す方法はありますか?

牛乳やヨーグルトなどの乳製品がおススメです。臭いの成分を脂肪球が溶かすので、軽減出来ます。他には、緑茶のカテキンなどのタンニンも匂い成分を吸収してくれますので緑茶でうがいをするのもおススメです。

そもそもなんでにんにくは臭いがするの?

にんにくの臭いの元となるのが、アリインという物質です。そのもの自身は臭いませんがにんにくを切ったりすりおろしたりすると、アリインが酵素に触れて反応がおき、アリシンという臭いの物質に変わりこれが臭いの元です。更にそのアリシン同士がぶつかりあうと、ジアリルジスルフィドなどのガン予防にもなる物質が発生します。これらもよく臭います。

にんにく臭はなくならないの?

にんにくを傷つけずに熱を加えると酵素が働かなくなるので、臭いは軽減されます。

なぜ黒にんにくはシミやシワたるみが気になる方におすすめなの?

黒にんにくは、活性酸素を除去してくれるS-アリルシステインと言う成分が生成されるので抗酸化作用が通常のにんにくより高くシミやシワなど老化防止にアプローチするからです。

なぜ黒にんにくは冷え症の方におすすめなの?

黒にんにくには交感神経(心拍数や血圧を上げるなどの全身活動力を高める神経)を刺激してノルアドレナリンの分泌を盛んにし、元気をもたらす作用があります。交感神経が興奮すると通常は血管が収縮しますが、にんにくの場合は末梢血管を拡張させる作用があるため、血液を送り出す心臓の力が全身に及び、手や足の先から首まで温める事になるのです。そのため、冷え性からくる頭痛や肩こりなどが改善されます。

なぜ黒にんにくには便秘の方におススメなの?

黒にんにくに含まれるイオウ化合物が大活躍するからです。それらは、結構強力な抗菌・殺菌作用を持っているから腸内の悪玉菌をやっつけてくれます。一般的に腸内のビタミンB1を分解するアノイリナーゼ菌が増殖して、正常を保つバランスがとれなくなり便秘や下痢の原因になっています。黒にんにくを食べるとアノイリナーゼ菌の増殖を抑えると共に、アリチアミンが腸壁を刺激して末梢血管を拡張して腸の動きを活発し環境が整うので便秘はもちろん下痢の時にも両方に役立ちます。

なぜ黒にんにくは血圧が気に方におススメなの?

黒にんにくに含まれる『S-アリルシステイン』『アリイン』『スルフィド類』『硫化水素』の成分と機能が総合的に働いているからです。

『S-アリルシステイン』は黒にんにくにしか多く含まれておらず、血管の壁を押し広げ血液の流れをスムーズにし、血圧をさげる効果を発揮します。

『アリイン』は、にんにくを切ったりすりおろした時に細胞が壊れ、酵素の働きで分解されてにんにく特有の臭いを発するアリシンになり、殺菌作用を発揮します。アリインはにんにくを加熱すると酵素が働かなくなりそのまま摂取されることになります。アリインは体内のアミノ酸運送システム(トランスポーター)により腸管からよく吸収され、血中にある脂肪や褐色脂肪組織の脂肪の燃焼を盛んにし、コレストロール値の上昇を抑えて血行を促進してくれ血圧の流れが良くなることで血圧は自然に低下していきます。

『スルフィド類』はアリシンをオイルに溶かした時に分解・結合して生成される揮発性のイオウ化合物です。スルフィド類は血液中の血小板の粘着力を弱める血小板凝集抑制作用を持っていて、血液の流動性を高めて血圧を下げる作用を持っています。又、交感神経を刺激して代謝を促す効果もあります。通常は交感神経が刺激されると血管が収縮しますが、黒にんにくの場合は、熱を作り出して末梢血管を拡張させるという作用があるため、血圧を上昇させることなく全身の血流を促すという優れた作用がもたらされると言われています。

『硫化水素』は黒にんにくを食べた後に体内で生成されます。体内で血管拡張のためのガス状信号物質として働き、体内の血管は硫化水素が混入する事で血中の酸素濃度が低くなったと勘違いします。すると酸素を多く取り込もうとして血管を拡張させるため、血管内の圧力がさがるのです。

なぜ黒にんにくは更年期に悩んでいる人におススメなの?

黒にんにくの成分アリシンが男性ホルモンテストステロンや女性ホルモンエストロゲンの量を上昇させてくれるからです。ビタミンB1を多く含む豚肉と一緒に摂取するとより効果的です。

なぜストレスが溜まっている人やいつまでも元気でいたい人におススメなの?

にんにくを食べるとアドレナリンとノルアドレナリンというホルモン分泌が促進されて、活力、元気が湧いてきます。この分泌にはにんにくの臭い成分のアリルスルフィド類によって交感神経が刺激を受けることによって起きる神経分泌です。とくに分泌量の増えるノルアドレナリンは、交感神経を刺激して、瞳孔を大きくし、気管支を拡張、心拍を促進するという、いわゆる興奮作用をもたらすからです。眠気も覚めるし、気分もハイになってくる、やる気も出てきます。これがいわゆる元気感です。

黒にんにくで老廃物は除去出来るの?

黒にんにくに含まれる『スコルジニン』という成分が、体に溜まった老廃物や有害毒素を分解し、体外に排出するという働きをしてくれます。私達の体の中には食べ物の残りカスや、食品添加物などの化学物質、大気汚染などで入ってきた有害毒素が蓄積されます。もちろんそのようなものは汗や便、尿として排出する機能が私達には備わっていますが、ストレスや偏った食生活、運動不足など色んな事が原で処理機能が低下すると毒素をどんどんため込んでしまい老廃物や毒素が体内にたまったままになってしまい新陳代謝が進まなくなり肌荒れはもちろん太りやすい体質や疲れやすい体質になってしまいます。黒にんにくに多く含まれる『スコルジニン』は新陳代謝に働きかけ体内に溜まった老廃物や毒素を排除しデトックスしてくれる成分だからです。

なぜがんが不安な方におススメなの?

アメリカ・国立ガン研究所が発表した『デザイナーフーズ計画』疫学調査でがん予防に最も需要とした食べ物が『にんにく』でした。そのにんにくを加工し黒にんにくにした時の栄養成分量は生のにんにくに比べ何十倍もの抗酸化力を発揮します。ポリフェノールを豊富に含むようになり活性酸素を除去してくれ、がんの発症や転移を抑えるほか、血中コレステロールや血圧・血糖の上昇なども抑制してくれるほか、抗菌、抗ウイルス、抗アレルギーと多くの薬理作用があると言われています。がんなどの生活習慣にかからないためには、いかに活性酸素を除去するかが大切です。最大の特徴、にんにくには含まれないS-アリルシステインは黒にんにくに加工することで生成され抗酸化力を高めてくれます。なので、わざわざ時間をかけてにんにくを黒にんにくに加工しています。

黒にんにくは心筋梗塞や脳梗塞の予防になると聞きました本当ですか?

黒にんにくには、血栓を大きく凝固するのを抑制してくれる『メチルアリルトリスルフィド』という成分が豊富に含まれるからです。この成分は、コレステロールの合成を抑え、血中コレステロールを減らし更に血管平滑筋を弛暖させて拡張し、血小板抑制の効果も加わっているため、血液を送り出す心臓への負担も少なくなると言われています。


薫のレシピ集

捨てるところなし!!
薫の黒にんにく!!
食べ方がわからない方の為にも、黒にんにくのレシピを多数掲載中!!

薫の黒にんにく皮茶

Youtubeチャンネル

Instagram 

@kaori3938
上部へ戻る