薫農園

薫のベジタブル

薫農園では、世界の音楽を聞かせながら生産している深ねぎを始め、ブロッコリー、里芋、山芋、ミニトマト(あいこさん)、ほうれん草、かぼちゃ(栗かぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃ)、枝豆、の生産もしています。

6月〜8月頃収穫 あいこさん毎年好評6月〜8月収穫
ミニトマト 品種 あいこさん。
ラグビーボールのような可愛らしい形で、歯ごたえがあり食べた時に、果汁が飛び散りにくく、酸味が少なく甘みの強いミニトマトです。
生食でサラダでのお召し上がりはもちろん、加熱調理してトマトパスタやミネストローネスープ、ピザのトッピングにしても美味しく頂けます。


ねぎ3深ねぎ
通年 生産しています。
需要の多い冬場は、薫農園でも一年間のうち一番のねぎ多忙機をむかえ総出で出荷作業にとりかかります。
鍋にはもちろん、ねぎ焼きや薬味にも使われ、根から葉先までピンとして太くてみずいずしい深ねぎです。



ブロッコリー11月〜2月頃
ブロッコリー
サラダやシチュー、どんなものでも使い勝手が良く、彩りもよく茎まで栄養豊富です。ビタミンを非常に多く含みます。
特にビタミンCの含有量は、アスパラガスの約10倍とも言われています。また、ミネラルも豊富で食物繊維も多く含みダイエット中の不足しがちな栄養を補給してくれます。


かぼちゃ【くりかぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃ
8月〜10月頃
栗かぼちゃは、栗のように甘くてホクホクしていることから、くりかぼちゃと名前がつけられました。
坊ちゃんかぼちゃは、小さく手のひらサイズのかぼちゃで、一回の食事で食べきることが出来る便利なかぼちゃです。中をくり抜きひき肉などを詰めてチーズをのせ、オーブンで加熱しグラタンにすると器ごと食べられ、見た目もオシャレで美味しいです。形や肉質は、くりかぼちゃい似ていて、甘くてホクホクしています。

大根大根
1月〜2月 大根
葉の付け根辺りが青くなっているのが特徴です。
大根葉は、細かく刻み味噌汁の具や、ごま油で炒めても美味しく捨てるところなくお召し上がり頂けます。

Amebaブログ 

Cookpadレシピ 

捨てるところなし!!薫の黒にんにく!! 日頃からもっと身近に取り入れて頂けるよう、レシピを考案・掲載しています。 黒にんにくの食べ方がわからない!そんな方は是非お試しください!!

Youtubeチャンネル

Instagram 

上部へ戻る